背景 背景

私たちの想い 私たちの想い

  • HOME
  • 私たちの想い
経営理念
次世代へ継ないでいく
ミッション
ミッション
こどもの為、地域の為に安全で
安心して暮らすことの出来る
緑豊かな住環境を提供します。
最終目的
地域資産向上・
賃貸市場底上げ

私たちの想い

住まい手の満足度を高める
お客様の目線に立ち、賃貸住宅ならではの
「ワクワク・楽しい・おしゃれな住環境」を提供し、
満足して頂けるように努めます。
こどもが楽しめる緑豊かな
住環境を提供
核家族化の時代だからこそ、
賃貸住宅の重要性は大きいと考えます。
だからこそ、こどもの成長過程において、
緑豊かで四季を感じられる・五感を楽しむ住環境を
提供していきます。
安全で安心して暮らすことの出来る
サービス
管理会社として災害時などの危機管理力を高め、
住まい手が安全で安心して暮らすことの出来る
サービスを提供します。
そして、オーナー様・地域も守っていきます。
長期安定経営のお手伝い
住まい手の満足度を高め、ファンになって頂くことで
長く住んで頂けると考えます。
長く住んで頂くことで、長期安定経営へと
継ながっていきます。
結果、「賃貸市場の底上げ」を実現させ、
資産価値を高めていくようにしていきます。
幸せに暮らすことが出来る社会の実現
住まい手・オーナー様・協力会社・従業員・
そのご家族・すべての人が同じ価値観のもと
幸せに暮らすことが出来る社会の実現を目指します。
こどもからお年寄りまでが、楽しく会話できる
安心・安全な町づくりをすることで、
地域活性化・地域貢献へ継ながる、
それが私たちの想いです。

私たちの想い

地域貢献と取り組み

東若林リノベーション プロジェクト Re・allot東若林 2016

東若林リノベーション プロジェクト
Re・allot東若林 2016

東若林リノベーション プロジェクト Re・allot東若林 2016

このプロジェクトでは、築31年の鉄筋コンクリート造の賃貸マンションを弊社で購入し一棟丸ごとリノベーション(Re・グラン)施工を行ない、新しい地元のオーナー様へ売却し引き継いでいただく事を目的として、建物室内、外壁、敷地内駐車場をリノベーションを行ないました。

室内は単なる間取り変更ではなく、日本の伝統的な住まいの魅力を伝える事を目的として、畳や杉浮造り風の無垢材を現代風に取り入れ、一般的な賃貸住宅では体験することができない居住性、快適性を感じていただけます。

東若林リノベーション プロジェクト Re・allot東若林 2016

このリノベーションでは物件の所在地である可美小学区の小学生に参加していただき、地元の歴史と風土を教えるレクチャー、廃棄される予定だった室内の柱を再利用した「ベンチ組立て体験」のワークショップを行いました。このベンチは建物道路側に設置し子ども達の待ち合わせ場所やお年寄りの休憩にと利用されています。またリノベーション竣工(完成)時には敷地内でのクローバーの種まきなど行いました。

私たちのシンボルツリー「ときわやまぼうし」を施工させていただきました物件へ植樹しております。
この木は春には小さく可憐な花を咲かせ、秋には赤い実
(食べられます)をつけ春夏秋冬、季節の移ろいを感じさせてくれます。


子ども達の地元の思い出として、そして進学や就職で浜松を離れたとしても、またいつか地元で暮らそうと思っていただければと私たちは考えております。

東若林リノベーション プロジェクト Re・allot東若林 2016

リノベーション デザイン ワークショップ 寺島レジデンス 2016~2017

リノベーション デザイン ワークショップ
寺島レジデンス 2016~2017

このプロジェクトでは、地元の学生達がリノベーションを通じて建築の魅力や浜松の風土や愛着を持っていただく為の取組みとして、中村×建築設計事務所の中村紀章氏、静岡文化芸術大学 デザイン学部 講師 天内 大樹氏にご協力いただきスタート。地元の建築やデザインを学ぶ大学生、専門学校生約20名が参加。オーナー様にもご賛同いただき浜松市中区寺島町の「寺島レジデンス」の2室を題材として4~5名のグループ毎にリノベーションプランを作成いただきました。

リノベーション デザイン ワークショップ 寺島レジデンス 2016~2017

プランの作成にあたっては単なる間取りやデザインではなくこの場所のロケーション、寺島町の歴史、風土などを加味してこの場所ならではのプランと住み方の提案を課題とし、木村松本一級建築士設計事務所 木村 吉成氏のレクチャーを交えながら3回に渡りワークショップを開催。最終審査では無有建築工房 竹原 義二氏にもご参加いただき、選ばれた2作品を実際に施工しました。

実際の施工にあたっては、中村紀章氏に手助けいただきながら学生達の理想と実際の施工方法やコストなどの問題をクリアし、また建具等の製作作業にもご参加いただき完成させました。

リノベーション デザイン ワークショップ 寺島レジデンス 2016~2017

完成後の内覧会では建設業界に限らず様々なジャンルの若い方にご来場いただきました。
本プロジェクトでは静岡文化芸術大学OBでもある +tic(鈴木 陽一郎氏・鈴木 知悠氏)、また倉布人一級建築士事務所 倉田 布美江様、その他にも様々な方のご協力により実現致しました。改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

リノベーション デザイン ワークショップ 寺島レジデンス 2016~2017

かんざんじプロジェクト 2018

かんざんじプロジェクト 2018

私たちRe・lationが最終目的として掲げている「賃貸市場の底上げ」「地域の活性化」、これに絶対に欠かせない事は「浜松が魅力的な町」である事です。
住む人にとっても、訪れる人にとっても魅力があり、そして誇ることのできる町であること。私たちはぬくもりの森、そして舘山寺から浜松の魅力を発信し活気のある浜松を目指してプロジェクトをスタートさせました。ぬくもりの森、かんざんじ荘、かんざんじ温泉門前通りと繋ぎ、その第1弾が2018年ゴールデンウィークより始まりました。

かんざんじプロジェクト 2018

このプロジェクトは平成16年度にまとめられた「舘山寺温泉街そぞろ歩きプロジェクト」を引き継ぐもので、昨年度の舘山寺まちづくりの会で調査研修した活性化事業の第一歩となります。

かんざんじプロジェクト 2018

まちづくりプランナーとして原田 祐馬氏( UMA design farm)を招聘し、浜松内外より新たな力を終結したまちづくりデザインの実現を目指していくものです。

「KMC β KANZANJI tryout」というプロジェクト名には、舘山寺温泉でのこれから展開する門前通りの活性化、旧かんざんじ荘のリノベーション、つり橋架橋といったプロジェクト実験の場、プロローグとしての位置づけにあることを表しています。これまでの地域性を民、事業者と連帯し、若者の発想、よそ者の力の観点、デザイン&アートの力を活かした1000の実験を展開していく予定です。
今後の展開につきましては、こちらでお知らせ致します。

2018年5月8日 SBS静岡放送「イブアイしずおか」にてこのプロジェクトの始まりが放送されました。

プロジェクトデザイン
稲葉 大輔 
舘山寺温泉協会・舘山寺自治会・舘山寺まちづくりの会顧問・舘山寺温泉旅館組合長
プロデューサー
髙橋 秀幸 
株式会社Re・lation・株式会社ぬくもり工房 代表取締役
まちづくりプランナー
原田 祐馬 
UMA design farm アートディレクター・デザイナー
まちづくりデザイン
木村 吉成 
木村松本建築設計事務所
ディレクター
中村 重陽 中村×建築設計事務所、
中村 紀章 中村×建築設計事務所 (静岡文化芸術大学講師)
イベントディレクター
鈴木 陽一郎・鈴木 知悠 
+tic
監修・アドバイザー
小田桐 奨・中嶋 哲矢 
L PACK.
共催団体
金原 貴 
舘山寺温泉観光協会(時わすれ開華亭 社長)
共催団体
中山 均 
舘山寺まちづくりの会(元舘山寺自治会長)
共催団体
山崎 暁史 
門前通り活性化部会(うなぎ志ぶき 社長)
協力
佐藤 和真 
舘山寺自治会

(敬称略)

お問い合わせは電話・Eメールで承ります。
お気軽にご連絡ください。

053-523-6715053-523-6715

メールでお問い合わせ

背景背景

借りたい会社概要企業理念中途採用

pagetop